くつろぎたいむ
HOME 入浴の注意事項 入浴の注意事項2 入浴の注意事項3 温泉の嬉しい効果

アンチエイジングという言葉が流行っていますが、温泉にも素晴らしいアンチエイジング効果があるんです。温泉で美肌のスキンケアができるんです!

 アンチエイジングとは

「アンチエイジング」とは、日本語に置き換えると「抗老化」と訳されます。
分かりやすく言い直すと、老化防止、若返りという感じです。これでより理解しやすくなるでしょう。

実は、温泉にはアンチエイジング効果があるらしいのです。

そして、以下の3大要素「運動」「栄養」「休養」を一体的に考えて健康に取り組めば、アンチエイジング効果は飛躍的に増す・・かもしれません。

 温泉によるアンチエイジング

温泉におけるアンチエイジング効果について書いていきましょう。
その効果の中でも特に注目しておきたいのは、体の老廃物を体外に排泄するという作用。
この老廃物は、体には「毒」として蓄積されていくのですが、最近では、運動不足や、クーラーのに慣れてしまい、汗腺が退化してしまった事により、この毒を溜めてしまいがちになりました。この毒も、溜めていけば老化に即繋がりかねないのです。

 
 

温熱効果

温泉の温熱効果で、血行が促進され、それは「万病予防」とも言える効果が現れてきます。様々な健康法がありますが、その全てをまとめてみると、体を温めることで健康増進をしていこうという手法にたどり着きます。

 
 
 
 

薬理効果

「適応症」というものが、泉質に応じて、温泉の成分として認められています。
これがそのままアンチエイジングに結びつきます。

 
 
 
 

利尿作用

温泉に入ると体が温まりますが、
それに伴い、腎臓などの臓器も温められるために活性化しますので、利尿効果が高まります。

 
 
 
 

発汗

リラックスした状態の時には「皮脂腺」という部分から汗をかきやすいとされています。
この皮脂腺から汗をかくためには、 激しい運動をするより、温泉の方が促進されやすいとのこと。「半身浴」「浮遊浴」が適しています。

 
 

 温泉によるアンチエイジング

普段は気持ちが良いため気がつきにくいですが、入浴している時に汗をかくことは、「入浴疲労」ももたらします。
高齢者は無理して汗をかかず、額が汗ばむ程度の入浴にとどめ、玉のような汗は流さないようにしましょう。
また、発汗が促進されると「ドロドロ血」の状態になりやすいので、入浴前後に水分補給することをお忘れなく。
温泉の排泄作用を最大限に発揮するためにも、入浴前後だけでなく、
1日に食物以外から約2リットルの水分補給をしましょう。

pickup

池袋の痩身エステランキング!

Last update:2017/11/17

 
                                                           Copyright(c)2008 くつろぎたいむ. All Right Reserved